20世紀にアジアで生き残り、21世紀に欧米で復活のきざしを見せる輪タク。その輪タクから“苦”を除去した乗り物が、乗っても漕いでも楽しい「リンタ」。人の体を優しく運び、人の心を明るくつなぐ、環境を傷つけない新型の人力式サイドカーです。リンタクラブはリンタを走らせ、人との出会いと交流を進めています。

The pedicab has survived the 20th century and is enjoying a rennaissance in the USA and Europe in the 21st. Old-fashioned pedicabs had an image of hardship--this new design is meant to be fun for the driver and the passenger. The new approach calls for a new name: Linta.LintaClub wants to help you get the most out of your Linta sidecar, meet others, and have fun.







リンタの旅路 脱輪亭日乘



リンタが走った道

(再掲) Riding through Asia's Cities( English)
最終更新日:2013年9月12日